PC版へ

教育資金一括贈与

平成25年度税制改正にて、教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置が新設されました。平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間、祖父母等(直系尊属である贈与者)が子や孫等(受贈者)に対して、教育資金に充てる金銭を贈与し、当該子や孫等の名義で新たに開設された口座に預入等された場合には、贈与税が非課税となります。
教育資金一括贈与に係る非課税措置のポイントについて
  • お子さま・お孫さま等が30歳になるまでの学費や入学金等が非課税の対象です。
  • お子さま・お孫さま等お一人あたり1500万円までの贈与資金が非課税となります。
  • 学校等以外の塾や習い事なども上限を500万円として教育資金に含まれます。
  • 平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間に拠出されるものが対象です。
  • 払出の際は、金融機関へ教育資金に充てたことがわかる領収書等の提出が必要です。
制度概要について

現行制度との違いについて

贈与を受ける者の条件について

お手続き時(お預け入れ時・お支払い時)について

専用口座について

教育資金として引き出しできなかった残金について

▲ページの先頭へ戻る

戻る