Home > 職員のWork Style > プライベートも充実(家庭と仕事)

Work Style3 プライベートも充実 [家庭と仕事]

家族との時間を大切にしたいから仕事では素早い決断と行動を
   
   

私たちにしかできないことを見つけ全力でお客さまをサポート

成長戦略部とは、将来にわたって成長が見込める分野を積極的、計画的にサポートする部署。新技術の開発や未開発市場の開拓、他業種との提携などによって成長につなげようとする企業を発掘し、融資をはじめ、様々な形でサポートしています。お客さまは、大企業の大きなプロジェクトに関わっている中小企業から、個人で店舗を営んでいる方まで多種多様ですが、常に私たちにできること、私たちにしかできないことを探し、お客さまを全力でサポートしています。

自分を高め、仕事もプライベートも充実させたい

プライベートでは同じ職場だった女性と結婚し、子どもにも恵まれました。その子どもも7歳になり、英語教室やピアノ、水泳などの稽古事に夢中になっています。最近は、車の中で子どもと一緒に英語のCDを聞いたり、家で英語のDVDを観たりして、英語での会話を楽しむこともできるようになってきました。うちの子と同世代のお孫さんがいるお客さまも多く、子どもの話題で会話の幅が広がったのはうれしい驚きでした。このため、子どもと出かけた時に入手したお店などの情報は、お客さまにも紹介するように心がけています。私の年齢で様々な経営者と会える仕事は、そうそうあるものではありません。その経営者との会話のきっかけの1つが子どもの話というのも、地域密着であるぎふしんの魅力だと思っています。
信用金庫は、地域のお客さまあっての金融機関です。一人ひとりの力は小さくても、みんなが協力し合うことで大きな力となり、それが人と社会を動かす原動力となります。この大切な職務を全うするためにも、プライベートが充実していることが不可欠。私にとっては、仕事と家庭、どちらもなくてはならない存在です。自分を高めることで、父親としても一金融人としても成長していけるよう、努力を続けていきます。

水谷 剛

水谷 剛

2003年度入庫
副調査役

これまで、営業店において渉外や事務担当の副長を経験。現在は成長戦略部副調査役を務める。数々のお客さまとのおつきあいの中から学んだのは、経営者は社員とは違った広い視野を持っているということ。会社、社員、そしてその家族のことまで考えて企業経営をしており、その姿勢から得るものは多いと話す。夢は、みんなから頼られる金融人になること。

[一言メッセージ]挑戦をおそれず見聞に力を注いでください

平日夜は長男のクラブ活動のお迎えも

週に1回の早帰り日は、必ず家族と夕食を摂るようにしています。また、月に一度は家族で実家に泊まりに行ったり、両親も誘って日帰り旅行をしたりと、両家の親も含めた家族の時間を大切にしています。プライベートでエネルギーを充電することで、仕事も頑張れる。家庭と仕事の両立は大切ですね。

上田さんのOFFアイテム
Page top