Home > 職員のWork Style > 仕事を極める(自分の成長)

Work Style2 仕事を極める [自分の成長]

上司から学んだ諦めない心がすべての土台

当たり前のことを当たり前にできることが信頼につながっていく

2015年4月から支店長代理として渉外副長の補佐や後輩のフォローを行っています。渉外係になったのは、入庫1年目の1月。その際、最初に取り組んだのが、担当するエリアのすべてのお客さまを訪問する全戸訪問でした。渉外業務の右も左もわからない私のサポートをしてくれたのが、当時の支店長。お客さまの中には、快く会ってくださる方もいれば、お話さえできない方もいて、大変な業務に心が折れそうになりましたが、どのような状況でも前向きにお客さまを訪ねる支店長の姿を見て、諦めない心を学びました。この時の経験が、私の渉外係としての原点となり、以来、コツコツと真面目に努力するという姿勢を貫いています。
仕事をするうえでもっとも大切にしているのは、お客さまとの約束を守ること。面談の日時はもちろん、「調べておきます」と約束したことも、期日前にきっちりまとめるように心がけています。当たり前のことを当たり前にすることが信頼につながるということを、経験から学びました。

さらなる資格取得を目指して

支店長代理の昇格試験のために、商品内容をより詳しく学んだり、通常業務の知識を確認したりという勉強に、1年間取り組みました。同期の仲間と一緒に休日返上で頑張りましたが、おかげで金融や当庫の商品に関する知識がより深くなり、それが渉外の業務にも役立っています。現在は主に法人先のお客さまを中心に担当させていただいていますが、お客さまの話を聞いて提案をする際に、その幅が広がっていることに気づき、身につけた知識が役立っていることに喜びを感じています。 さらに自身の知識レベルを上げ、引き出しを増やして幅広い提案をするために、資格試験の勉強を続けています。目指しているのは、お客さまの立場に立ってコンサルティングができる渉外係。この仕事にゴールはなく、常に挑戦が続きますが、その挑戦をも楽しみながら、成長していきたいと思っています。

岩田 雄太

岩田 雄太

2009年度入庫
渉外係・支店長代理

入庫7年目で支店長代理に昇格。現在渉外係として、主に法人先を担当。お客さまの話を聞き、信頼関係を築くことに注力している。大切にしているのは、新入職員の頃に学んだ、諦めない心。自分が学んだことを後輩に伝えていくことも、自身の責任の一つと語る。趣味はスノーボード。

[一言メッセージぎふしんはとても風通しの良い職場。働く楽しさに満ちています。

資格試験の勉強は、ボロボロになったファイルとともに

資格試験を受ける場合は、過去の問題の傾向と対策が必要ですが、オリジナルで作ったファイルを頼りにすることもあります。このファイルを土台に、新しい問題を加えて、自分スタイルのファイルを作り上げていきます。試験が終わる頃には、ファイルもボロボロに。ボロボロになった分、頑張って勉強した証として誇りにしている物です。

川田さんの必須アイテム
Page top