Home > 職員のWork Style > 地元を愛する(地域の顔)

Work Style1 地元を愛する [地域の顔]

いつもお客さまがそばにいる地域にもお客さまにも愛される存在を目指す

1年半の育児休業を取得後、現在テラーとして窓口でお客さまをお迎えしています。預金の入出金、税金や公共料金などのお支払いや振込のほか、住所変更などの諸手続きの対応も担当しています。最近は、FAとの連携を意識して、金融商品の提案、販売にも力を入れるようにしています。

以前在籍していた店舗でのこと。ちょうど臨月の時だったのですが、初めて応対したお子さま連れのお客さまから、帰り際にあめと手紙をいただきました。手紙には「元気な赤ちゃんを産んでくださいね。これはおまもりです」と書かれていました。とても嬉しかったと同時に、ぎふしんは地域の人に愛されていることを感じました。今の店舗では、半年前に窓口に相談にいらしたお客さまに、ある商品をお勧めしたところ、一度帰ってしっかり考えてからまた来るからと言われたことがありました。そのお客さまがつい最近いらっしゃったのです。「約束していたから来たよ」とご指名で。契約してくださったことはもちろんですが、名前を覚えて、約束も守って再訪してくださったことがとても嬉しく、地域の方々とのつながりを強く感じました。その窓口に立つ私こそが、地域の顔になっていると思うと気持ちも引き締まります。

 

お客さまのことを第一に考え常に学び、確実に成長していきたい

金融機関には、お客さまの人生をより豊かにする使命があります。ぎふしんでは、窓口でも金融商品の提案から契約までを行うことを目標に掲げて取り組んでおり、テラーとしての役割も大きくなっています。少しずつ提案力も身についてきてはいるものの、まだまだ知識不足なこともあり、いつもFAに相談しています。早くひとりでも的確な判断ができ、自信をもってお客さま応対ができるようになるため、今は勉強の時間を増やすよう努めています。自己学習とあわせて、個人的にFAに教えてもらうようにしています。どんな些細なことでも、丁寧に教えてくれる先輩がたくさんいることはとてもありがたいですし、恵まれた環境だと思っています。キャリアを積めばできることが増えていき、それがお客さまの役に立つことに繋がる仕事です。今後も自分のペースで一歩一歩確実に成長していきたいと思っています。

大川知加

大川 知加

2011年度入庫
テラー

テラーを4年経験した後、育児休業を1年半取得し、2016年秋より現在の部署に復職。爽やかな笑顔と穏やかな語り口で、地域の人たちのよき相談相手になっている。

[一言メッセージ]面接で自然体の自分を出せたなら自分らしく働ける場所です

初めての上司からもらったペン

入庫後に配属となった店舗の上司からもらった、ぎふしんのイメージキャラクターのペンです。「がんばれ!」っていつも励ましてもらっている気がするので、お守りのように胸ポケットに入れて、業務を行っています。

橋本さんの必須アイテム
Page top