個人年金保険

保険の特徴

「個人年金保険」は、運用・年金・保険がひとつになった商品で、万一の死亡の場合に備えながら将来の年金を準備できます。運用成果により受取年金額が変動する変額個人年金保険と、ご契約時に受取年金額を確定できる定額個人年金保険があります。

  • 変額個人年金保険
    払い込んだ保険料は各商品ごとに設定されている特別勘定(ファンド)で運用します。特別勘定の運用実績に基づいて、将来お受け取りいただく年金の原資となる金額(=年金原資)、受取年金額、解約払戻金額および死亡給付金額等が変動する年金保険です。
  • 定額個人年金保険
    払い込んだ保険料は生命保険会社の一般勘定で運用します。ご契約時に原則として(※)、将来お受け取りいただく年金の原資となる金額(=年金原資)を確定できる年金保険です。

    (※)商品によっては、年金原資のもとになる積立金に付利する利率(積立利率)がご契約後一定期間ごとに変動するため、ご契約時に年金原資が確定しない(ご契約時には年金原資の最低保証金額のみ確定)プランのお取扱いもあります。

お取扱商品

  商品名 引受保険会社
一時払 変額
個人年金保険
プレミアステップG2 第一フロンティア生命
プレミアジャンプ3・年金(外貨建) 第一フロンティア生命
デュアルドリーム 日本生命
定額
個人年金保険
プレミアカレンシー・プラス2 第一フロンティア生命
平準払 アンドライフ個人年金保険 MS&AD 三井住友海上あいおい生命
住友生命

商品名をクリックしていただきますと、引受保険会社のホームページにリンクします。 リンク先のコンテンツは引受保険会社が管理しています。

「個人年金保険」に関する注意事項
  • ≪保険契約に係るリスクについて≫
    • *個人年金保険には、定額個人年金保険と、特定保険契約に含まれる個人年金保険(変額個人年金保険、外貨建個人年金保険、およびMVA型個人年金保険(解約払戻金が金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により影響を受ける個人年金保険))があります。この特定保険契約では「損失を生じさせるリスク」および「費用の負担」がありますので、次の点についてご確認ください。
    • *市場リスクの影響を受けます。
      変額個人年金保険は、払込みいただいた保険料を投資信託等を投資対象としている特別勘定で運用し、その運用実績に基づいて将来の死亡保険金額、解約払戻金額、および年金額等が変動(増減)するしくみの生命保険商品です。特別勘定の資産は、主に国内外の株式・債券等に投資する投資信託を通じて運用されるため、株価や債券価格の下落、為替の変動等により、解約払戻金等のお受取りになる合計金額が払込まれた保険料を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。外貨建ての個人年金保険およびMVA型個人年金保険を解約する場合、運用資産(債券など)の価値の変化を解約払戻金に反映させるため、市場金利に連動した市場調整を行うことにより解約払戻金が一時払保険料を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。具体的には、契約時点よりも市場金利が高くなると市場価格は下落し、逆に、契約時点よりも市場金利が低くなると市場価格は上昇します。したがって、解約払戻金は市場金利の状況により増減することとなります。
  • ≪個人年金保険の費用の負担について≫
    • 特定保険契約では、主に次の費用をご契約者にご負担いただきます。
      • 契約初期費用・・・ご契約の締結などに必要な費用
      • 保険関係費・・・ご契約の締結および維持に必要な費用ならびに死亡保険金等を支払うための費用
      • 資産運用関係費・・・投資信託の信託報酬などの特別勘定の運用にかかわる費用(変額個人年金保険のみ)
      • 年金管理費・・・ご契約の維持に必要な費用ならびに年金等を支払うための費用
      • 解約控除・・・契約日から一定期間内に解約等を行う場合に、積立金から控除される費用
  • ※費用の合計は、上記を足し合わせた金額となります。
  • ※当金庫が販売する保険商品への申込の有無が、当金庫におけるお客さまとの他の取引に影響を与えることは一切ございません。
  • ※ご負担いただく費用は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとの「契約締結前交付書面」や「ご契約のしおり・約款」等でご確認ください。

くわしくは、お近くのぎふしんの窓口またはフリーダイヤルまでお問い合わせください。