総代会制度

総代会について

総代会図式

信用金庫は、会員同士の「相互信頼」と「互恵」の精神を基本理念に、会員一人ひとりの意見を最大の価値とする協同組織金融機関です。したがって、会員は出資口数に関係なく、一人1票の議決権を持ち、総会を通じて当金庫の経営に参加することになります。

しかし、当金庫では、会員数が大変多く、総会の開催は事実上不可能です。そこで、会員の総意を適正に反映し、充実した審議を確保するため、総会に代えて総代会制度を採用しております。

この総代会は、決算の承認、取扱業務の決定、理事・監事の選任等の重要事項を決議する最高意思決定機関です。したがって、総代会は、総会と同様に、会員一人ひとりの意見が当金庫の経営に反映されるよう、会員の中から定款に定める方法で適正に選任された総代により運営されます。

また、当金庫では、総代会に限定することなく、日常の事業活動を通じて、総代や会員の皆さまとのコミュニケーションを大切にし、様々な経営改善に取組んでおります。

なお、総代会の運営に関するご意見やご要望につきましては、お近くの営業店までお寄せください。

総代選考基準

  • 1.資格要件
    • 当金庫の会員であること
  • 2.適格要件
    • 地域における信望が厚く、総代として相応しい方
    • 人格、識見に秀れ、当金庫の発展に寄与できる方
    • 金庫の理念、使命をよく理解し、当金庫と緊密な取引関係を有する方

総代とその選任方法

  • 1.総代の任期・定数・定年
    • 総代の任期は3年です。
    • 総代の定数は120名以上150名以内とし、当金庫の地区を7区の選任区域に分かち、会員数に応じて各選任区域ごとに定めるものとします。
      なお、平成30年3月31日現在の総代数は、134名で会員数は154,061名です。
    • 総代の定年は、満75歳です。ただし、任期中に満75歳となる方は、任期満了まで在職可能です。なお、平成18年3月現在、総代の地位にある方は、年齢に関係なく再任を可能(満75歳定年制の適用除外)としています。
  • 2.総代の選任方法
    総代は、会員の代表として、会員の総意を当金庫の経営に反映する重要な役割を担っております。そこで総代の選考は、総代候補者選考基準に基づき、下記の3つの手続きを経て選任されます。
    • ①会員の中から総代候補者選考委員を選任する。
    • ②その総代候補者選考委員が総代候補者を選考する。
    • ③その総代候補者を会員が信任する。(異議があれば申し出る。)

総 代 会

平成30年6月12日 第67回通常総代会において、次の事項が付議され、それぞれ原案のとおり承認されました。

  • 1.報告事項
    • (1)第79期(平成29年度)業務報告、貸借対照表および損益計算書の内容報告の件
  • 総代会写真
  • 2.決議事項
    • 第1号議案 第79期(平成29年度)剰余金処分案の承認について
    • 第2号議案 定款の一部変更について
    • 第3号議案 定款第15条に基づく会員の法定脱退について
    • 第4号議案 総代選考委員の選任について
    • 第5号議案 理事全員任期満了に伴う改選について
    • 第6号議案 監事の補充選任について
    • 第7号議案 退任理事および退任監事に対する退職慰労金贈呈について
  • 総代が選任されるまでの手続きについて

    総代選考の過程図

    総代の内訳グラフ

    (平成30年3月31日現在)