Internet Explorerの脆弱性について

【重要】インターネットバンキングの不正利用にご注意ください

平成26年5月2日現在

■「Internet Explorerの脆弱性」への対応について
新聞等で報道されていた「Internet Explorerの脆弱性」について、マイクロソフト社から修正プログラムが提供されています。
「Internet Explorer」をご利用のお客さまは、「Windows Update」を行っていただくことで、脆弱性の問題は解消されます。
Windows Updateの操作方法等につきましては、マイクロソフト社のサポートサイト「セキュリティホーム」等でご確認ください。
※Windows Updateが自動更新の場合、修正プログラムが自動的にインストールされますので、特別な操作を行っていただく必要はありません。


(注)以下は、過去のお知らせです。

平成26年4月30日現在
■Internet Explorerの脆弱性について
新聞等で報道されております「Internet Explorerの脆弱性」は、Microsoft社からの修正プログラムが提供されていないため、現時点では脆弱性を解消することができない状況にあります。しかし、以下の点にご注意いただくことで脆弱性にかかるリスクを軽減することができます。
● 不必要なホームページの閲覧やEメールのリンクをクリックしないでください。
Internet Explorerで不正なホームページを閲覧しない限り、脆弱性をついた攻撃を受けることはありません。
● ウィルス対策ソフトの導入、およびパターンファイルを最新の状態にしてください。
現在も、回避策等について調査を行っておりますので、新たな情報があり次第、随時お知らせいたします。