インターネットバンキングを安全にご利用いただくために

契約者ID(利用者ID)および各種パスワードは厳重に管理してください。

契約者ID(利用者ID)および各種パスワード(以下「パスワード」)は、本人確認するうえで非常に重要な情報です。
以下の点に注意して、厳重に管理していただきますようお願いいたします。

1.パスワードは第三者に絶対に教えないでください。
警察官や当金庫の職員であっても、お客さまにパスワードをおたずねすることはございません。
2.パスワードは推測されにくいものにしてください。
同一数字、連続数字、生年月日、自動車のナンバー、電話番号、氏名、自宅の住所等から推測される内容は控えてください。
3.ログインパスワードは、適宜変更してください。
※ダイレクトバンキングPALは、3カ月毎に変更していただく必要があります。
4.パスワードはメモ等に記録しないでください。
契約者ID(利用者ID)やパスワードをメモ等に残したり、Webメール上のフォルダやパソコン内に電子ファイルで保存しますと、盗まれるおそれがありますのでご注意ください。
5.パソコンはデータを完全消去してから廃棄してください。
パソコンを廃棄する際は、専用ソフト等を使用してパソコン内のデータを完全に消去することを推奨します。
6.パスワードの使い回しは、しないでください。
他サイトで使用しているパスワードを、当金庫のインターネットバンキングでも使用するなど、パスワードの使い回し等は行わないでください。
7.ソフトウェアキーボードをご利用ください。
パスワードの入力時には、キーボードからの直接入力を避けて、ソフトウェアキーボードを利用することを推奨します。

平成27年11月2日