インターネットバンキングを安全にご利用いただくために

電子署名付Eメールについて (注:インターネットバンキングサービスⅡのみ)

利用者に対するEメールに電子署名を付与することで、Eメールの送信元の実在性、およびEメールの内容が通信途中で改ざんされていないことの確認ができ、フィッシング対策として有効です。
なお、S/MIME※未対応のEメールソフトウェア(ウェブメール、モバイルやスマートフォンのメールソフト等)をご利用の場合、メール本文は表示されますが、電子証明書は「smime.p7s」というファイルとしてEメールに添付されるだけで、Eメール送信元の実在性等の確認はできません。
※S/MIME(エスマイム)とは、「secure Multipurpose Internet Mail Extensions」の略。電子メールのセキュリティ機能の標準です。

電子署名付Eメールの仕組み

電子署名付Eメールの確認方法(Windows Liveメールの場合)

  1. 電子署名付き電子メールを受信すると、セキュリティのヘルプ画面が表示されます。
    続行ボタンをクリックしてメールを開きます。
    ※「今後、このヘルプ画面を表示しない」にチェックを入れると、次回から本画面は表示されません。
    ヘルプ画面
  2. メールを開いた際、セキュリティ警告の画面が表示されないことをご確認ください。
    ※受信したメールの電子証明書の有効期限が切れている場合、セキュリティ警告画面が表示され、「デジタルIDは失効しています」と表示された場合(以下の画面)、「デジタルIDの表示」を選択し、「デジタルIDのプロパティを署名中」画面より、発行先と発行者が以下であることを確認いただいたうえで、「メッセージを開く」を選択してください。
    【発行先】 The Shinkin Banks Information System Center Co.,Ltd
    【発行者】 Symantec Class 3 Organizational CA - G2
    また、過去に受信したメールを開く際、セキュリティ警告画面「デジタルIDは失効しています」が表示されることがあります。本事象は電子証明書の有効期限切れにより表示されますが、メールの内容には問題ありません。
    セキュリティ警告画面
  3. 鍵マークをクリックし、新しく開いたウィンドウの「セキュリティタブ」の「デジタル署名者」欄が、以下であることを確認します。
    【発信元アドレス】 kib_shinkin@ssc.facetoface.ne.jp
    確認完了後、「証明書の表示」をクリックします。
    電子証明書の表示
  4. 「デジタルIDのプロパティを署名中」ウィンドウの証明書が以下であることをご確認ください。

    発行先:The Shinkin Banks Information System Center Co.,Ltd
    発行者:Symantec Class 3 Organizational CA - G2
    証明書の表示

平成29年8月21日