お取引先社員 研修会

お取引先社員研修会

開催日・会場

開催日(平成29年)
①3月29日(水)  ②3月30日(木)
③4月3日(月)   ④4月4日(火)  ⑤4月13日(木)  ⑥4月14日(金)
会 場
①②③④⑥ 岐阜信用金庫 本店 8F大会議室
⑤ 岐阜信用金庫 中村公園支店 3Fセミナールーム
※各会場には駐車場がございません。公共交通機関のご利用をお勧めいたします。
対 象
新入社員の方 ・ 研修を受講希望の方
※ビジネスマナーの復習の意味で新入社員以外の方も受講できます。
定 員
各日60名
受講料
1名につき 3,500円 (消費税込み、テキスト代昼食代を含む)
【青年重役会会員企業受講料割引制度】会員企業、1企業1名1,000円の受講人数分を、上限5名まで割引いたします。

研修内容

新入社員コミュニケーション・マナー向上研修 (午前9:30~午後4:30)

ねらい
社会人としての新生活をスムーズにスタートさせる上で、円滑な職場での人間関係やビジネスマナーは欠かせません。それらに対しての不安な気持ちを取り除き自信を持って臨めるように、相手とのコミュニケーションを築くコツや、社会人として必要な言葉遣いや態度・動作について実習を通して身につけます。
(新入社員以外の方も受講できます。)
特 色
  • 学生と社会人の違い、企業におけるマナーの重要性等を理解するとともに、「働くこと」「学ぶこと」に対する主体的な姿勢と責任感の自覚をうながす。
  • 理論で覚えるだけではなく、グループワークでの実習を通して、企業のサービス向上・職場のチームワーク向上に直結するマナー表現を身につける。
  • 社会人として必要な敬語や好感を与える電話応対など、新入社員が感じる不安を、段階を経たトレーニングと実践的なアドバイスによって解消する。
講 師
キャプラン株式会社Jプレゼンスアカデミー事業本部 インストラクター2名
 各種企業男女社員研修、新入社員研修、大学・高校でのマナー教育、全国の官公庁、上場企業の
 社員研修に携わり、特に接客マナーについての講演・研修には定評がある。
主な内容
  • オリエンテーション
    学生と社会人との違い、企業におけるマナーの重要性等の基本的な心構えを学び、これからのビジネスライフへ自信を持って向かうための基礎を築く。
    ◇学生と社会人との違い ◇企業におけるマナーの重要性 ◇CS・ES
  • 豊かな人間関係構築の基本
    対お客さま・職場内の人間関係を円滑にする基本「挨拶・表情・身だしなみ・言葉遣い・態度」の5項目から捉え、その必要性と具体的なポイントを知る。
    ◇人間関係構築の5原則
     a)第一印象と挨拶 b)表情トレーニング c)身だしなみ d)言葉遣いの3ポイント
     e)内面的態度・外面的態度
    ◇敬語の基本確認・ビジネス用語
  • 言葉とコミュニケーション:電話応対
    電話は「見えない相手とのコミュニケーション」であり、双方の表情がわからないため、相手に対してより気遣いが必要となる。この特性を理解し、正確さと簡潔さはもちろんのこと、プラスαの心配りや気遣いを伝える電話応対の基礎を習得する。
    ◇電話の特性理解 ◇電話用語 
    ◇基本対応 : かけ方・受け方/取次ぎ人在・不在 : 伝言の受け方・残し方 等
  • 信頼感を与えるビジネスマナーの実践
    各自が企業の代表としてお客さまとコミュニケーションを図れるよう、また職場内でスムーズに業務を遂行できるように、実際のビジネス場面に即した実習を行う。“言葉”と“動作”の一体化により仕事へ主体的に取り組む自信をつける。
    ◇ビジネスマナー基本 : 立ち姿/挨拶の仕方/指し示し/ご案内
    ◇ビジネスマナー応用 : 上席の判断基準/お茶の出し方
    ◇指示の受け方と報告の仕方   ◇状況別シミュレーション実習
  • 自己目標設定
    ◇研修の振り返りと今後の自己目標設定

新聞の読み方研修 (午後4:30~午後5:15)

ねらい
社会に出て仕事をするということは、何らかの価値・サービスを提供するということです。自分の業界だけでなく、地域や世界の動きを知っていないと、新しい価値の創造はできません。若い世代の活字離れが指摘されていますが、新聞は世界、政治、経済、文化等、「地球の1日の出来事」をひとつひとつ価値判断して、整理して見せてくれます。全ページ読む必要はありません。好きな所を見つけて、新人のうちから読みグセをつけましょう。
主な内容
  • ・新聞の種類と掲載内容(世界の動きから、地域の訃報やスポーツ記録まで)
  • ・記事ができるまで(記者が必ず確認。伝聞・2次情報ではない)
  • ・新聞社の仕組み(組織=取材、広告、販売、事業)   ・紙面や記事のどこに着目するか
  • ・必要な情報を探す   ・文章の訓練に活用を(記事のスタイル)
講 師
中日新聞社・岐阜新聞社

申込方法・お問い合わせ先

所定の申込書にご記入の上、受講料を添えて、岐阜信用金庫本支店(お取引店舗または最寄りの店舗)へお申し込みください。
※募集人数を上回る受講日につきましては、第一希望日にご受講いただけない場合がございます。
※受講料は、欠席された場合でも原則お返しできませんので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ先
本支店の事務副長または業務推進部(地域支援課)川瀬・吉田
〒500-8562 岐阜市神田町6丁目11番地 TEL.058-266-2210