金融犯罪にご注意ください

利用者番号や暗証番号(パスワード)は厳重に管理してください

利用者番号や暗証番号(パスワード)は、本人確認するうえで非常に重要な情報です。
次の点に注意して、管理していただきますようお願いいたします。

  • ●利用者番号・・・契約者ID、利用者IDなど
  • ●暗証番号・・・ログインパスワード、資金移動用パスワード、確認番号など
  • 1. 暗証番号(パスワード)は第三者に絶対に教えないでください。警察官や当金庫の職員であっても、お客さまに暗証番号(パスワード)をおたずねすることはございません。
  • 2. 暗証番号(パスワード)は推測しづらいものにしてください。
  • 3. 暗証番号(パスワード)は適宜変更してください。
  • 4. 利用者番号や暗証番号(パスワード)をメモ等に残したり、パソコン内に電子ファイルで保存しますと、盗まれるおそれがありますのでご注意ください。
  • 5. パソコンを廃棄する際は、専用ソフト等を使用してパソコン内のデータを完全に消去することを推奨します。
  • 6. 他のサイト等で使用している暗証番号(パスワード)は使用しないことを推奨します。
  • 7. 暗証番号(パスワード)の入力時には、キーボードからの直接入力は避けて、ソフトウェアキーボードを利用してください。

平成25年10月1日